インストラクターのブログ
フィットネスインストラクター本間友暁のオフィシャルブログ
フィットネスインストラクター本間友暁のオフィシャルブログトップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > エアロデモンストレーションチーム | ダキングダンスデモンストレーションチーム | (株)HEART BEATING > DSB 2015関東大会を終えて

DSB 2015関東大会を終えて

  • 投稿日:2015-10-13(火)01:17
  • 最終更新日:2015-10-13(火)01:25

10月10日(土)は「ダンススピリットバトル2015関東大会」でした。

20151010_191443

参加された全ての出場者の皆さん、

惜しみない拍手と温かい声援を下さった観覧の皆さん、

審査員の皆さん、

そして、

このような素敵な舞台を毎年熱い想いで開催して下さっている

石塚直樹さん率いる(株)HEART BEATINGスタッフの皆さん、

本当にありがとうございました!

 

この日の為に、

私はダキング部門では「MAT’SRY」↓

20151010_181141_001

ダンス部門では「がちゃがちゃ」↓

20151010_165132

「TOY BOX」↓

20151010_173048

 

「百花繚乱」の演技を監修しました。

残念ながら「百花繚乱」は諸事情により出場する事が出来ませんでしたが、

また別の機会に演技を披露できればと思っています。

 

今回で7回目となるDSB関東大会。

 

1回目から毎年欠かさず観させて頂いていますが、

演技の構成、技術、プレゼンテーション、

何もかもがどんどんレベルが上がっているなとつくづく思います。

 

出場された皆さんは、この日の為に一生懸命練習をされてきたと思います。

 

時には指導者の先生から言われたアドバイスをすぐに直せず、

四苦八苦した時もあったと思います。

メンバー同士、意見が合わず迷走した時期もあったと思います。

日々仕事や家事が忙しく、練習をする時間が取れなかった時もあったと思います。

 

そんな色んな事を乗り越えて立った舞台。

 

なんか、

年齢問わず、

何かに一生懸命になれている事って素晴らしいと思うのです。

舞台に立っている出演者の皆さんの全員がキラッキラしてました!!

そこにはテクニックではカバーしきれない「何か」があるんです。

 

その何かに演技を観ている人達は

心を動かされるんだと思うんです。

心が躍るんだと思います。

 

演技を観ていて

自然と笑顔になっちゃったり、

リズムに乗っちゃったり、

演者の笑顔に見入ったり。

 

そこには

誰の振りが正しくてとか、間違っていてとか、

手のパーがあんまり開いていないとか、

グ-がちゃんと閉じてないとか、

フォーメーションが少しずれているとかは殆ど気にならないんです。

 

もちろん、そういう目で見れば気になりますよ。

 

でも、そういう目で観たくない雰囲気がDSBにはあるんです。

 

粗を探す雰囲気ではなく、良いところを観たい!

という空気に会場全体包まれています。

 

これは第1回目開催の時からずっとそうです。

 

 

バトルなので、MVPとか、何位とか、結果がつくけど、

どのチームの演技も良い演技なんだから皆で応援しよう!という

主催者の石塚直樹さんの想いがしっかりと根付いている大会になっています。

 

今年の締めの直樹さんの挨拶にも

「観覧の皆さん、

皆さんは、応援しようと思っていたチームがあったと思います。

もちろん、その応援しようと思ったチームの演技も良かったけど、

その他のチームの演技も良かったですよね?」

 

という感じの言葉がありました。

 

その時の会場の全員の頷きや、拍手には本当に清々しいものがありました。

こういう大会だからこそ毎年エントリーをしたいとつくづく思います。

 

 

出場チームの演技を全て観させて頂き思った事は、

レベルが凄まじく上がっている事。

 

どのチームの演技を見ても入賞してもおかしくない演技だと思うんです。

結果は審査員や観覧の方が変われば、変わります。

 

だから、結果を追い求めるよりも

「自分達らしい演技」が出来るかどうかが何よりも大切なんじゃないかなと。

 

そして、緊張する雰囲気の中、

練習の成果を出し切れるかどうかがカギになってきますよね。

 

いくら練習で良い演技が出来ていても、

本番でその実力を出しきれなかったら、

やっぱり本人が一番悔しいですもんね。

 

だから、

いつも練習の時は本番を想定してやる事がとっても大事なんだと思います。

 

メンバー同士、振り付けの細かい相違ばかり指摘し合うのではなく、

どれだけ本番を想定した練習が出来ているか。

 

「自分達らしさ」ってなんだ??

とかを話合うとかね。

 

改めて話合わなくても

自然とそういうコミュニケーションがとれているチームもありますけどね。

 

でもそういう事ってチームをやる上で大切ですよね。

 

どんな演技をやるかも大事だけど、

「だれと一緒にやるか」という部分はとても大切だと思います。

 

 

振り付けをする立場として全てのチームの演技を客観的に観ましたが、

本当に勉強になる事ばかりでした。

 

テーマ性、構成力、選曲、衣装、何もかも刺激的なものばかりでした。

もっともっと自分自身の振り付け師としてのクリエイティブさを

磨かなくてはいけないなと強く感じています。

 

 

全ての出場者の皆さん、

今年も感動する演技を本当にありがとうございました!!

また来年も楽しみにしています!!

■この記事に関連する投稿(表示順はランダム)

ホーム > エアロデモンストレーションチーム | ダキングダンスデモンストレーションチーム | (株)HEART BEATING > DSB 2015関東大会を終えて

カレンダー
« 2017 年 5月 »
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク
  • (株)GROW POINT
  • ALL FOR ONE Project
  • イマすぐFITNESS
  • Studio growpoint
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る